<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
山椒大夫・高瀬舟・阿部一族 角川文庫

 

人間解放の問題を扱い、我を空しくして運命のままに生きる人間像をあわれ深く描く【山椒大夫】。殉死を許されなかった封建武士の運命とモラルを中心に描く【阿部一族】。

読んだ日:11/6

評価:
森 鴎外
角川書店
¥ 420
Amazonおすすめ度:
安寿可愛いよ安寿。

| 00:31 | 森 鴎外 | comments(14) | - |
黒い季節 (角川文庫)

 

身のうちに病を飼い、未来を望まぬヤクザ「藤堂」、記憶を喪い、未来の鍵となる美少年「穂」、未来を手にせんとする男「沖」、沖と宿命で結ばれた異能の女「蛭雪」、未来を望まずにはいられぬ少年「誠」、誠と偶然で結ばれた異能の女「戊」―縁は結ばれ、賽は投げられた。世界は、未来は変わるのか?本屋大賞作家、冲方丁が若き日の情熱と才能をフル投入した、いまだかつてない異形のエンタテインメント。


読んだ日:10/26



評価:
冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 700
Amazonおすすめ度:
作品自体にある種のエネルギーが感じられるが......
作者の創作に対する強い思いが伝わってくる。
著者の処女作の新装版。ファンならばあとがきも必読。

| 00:03 | 沖方 丁 | comments(1) | - |
ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)

 

キスカ島に残された四頭の軍用犬北・正勇・勝・エクスプロージョン。彼らを始祖として交配と混血を繰りかえし繁殖した無数のイヌが国境も海峡も思想も越境し、“戦争の世紀=20世紀”を駆けぬける。炸裂する言葉のスピードと熱が衝撃的な、エンタテインメントと純文学の幸福なハイブリッド。文庫版あとがきとイヌ系図を新に収録。



読んだ日:10/8

評価:
古川 日出男
文藝春秋
¥ 570
Amazonおすすめ度:
壮絶な犬の系譜の物語。
ひたすら犬
細部は面白いところもありますが

| 19:48 | - | comments(1) | - |
タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾 (新潮文庫)

真田省吾、職業は探偵。養護施設で育ち、元警視庁の敏腕刑事に拾われ事務所に住み込みで働いていた。ある日、謎の美少女から奇妙な依頼が持ち込まれる。「私の夢の中で殺される人を助けて」。彼女は人の死を予見する能力を持ち、それが現実になる可能性、これまで100%―この予知夢に法則はあるのか、そして運命は変えられるのか?人気絶頂アクション・クライムミステリー。
読んだ日:9/13


評価:
神永 学
新潮社
¥ 580
Amazonおすすめ度:
おもしろい!
カッコいい主人公!
最高〜

| 00:00 | 神永 学 | comments(3) | - |
ぬばたま (新潮文庫)

 

ときどき、こんな人がいるのです。山に入ったまま、帰って来られなくなってしまった人が―。仕事も家族も失い、絶望のうちに山を彷徨う男が見た恐ろしい幻影。少女の頃に恋した少年を山で失った女の、凄絶な復讐。山で見たおぞましい光景が狂わせた、幼なじみ三人の運命。死者の姿が見える男女の、不思議な出会い。闇と光、生と死、恐怖と陶酔が混じり合う、四つの幻想的な物語。

初めの話の繰り返しの単調さとわかりにくさが辛かったので★★☆☆☆にしようと思ったが、それ以降の話は良かった

自然に対する畏れ、だが心惹かれる美しさ



読んだ日:8/14



評価:
あさの あつこ
新潮社
¥ 460
Amazonおすすめ度:
大人のための幻想文学
山が、緑が、自然が、、恐怖の根源

| 13:48 | あさの あつこ | comments(4) | - |