<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ぬばたま (新潮文庫)

 

ときどき、こんな人がいるのです。山に入ったまま、帰って来られなくなってしまった人が―。仕事も家族も失い、絶望のうちに山を彷徨う男が見た恐ろしい幻影。少女の頃に恋した少年を山で失った女の、凄絶な復讐。山で見たおぞましい光景が狂わせた、幼なじみ三人の運命。死者の姿が見える男女の、不思議な出会い。闇と光、生と死、恐怖と陶酔が混じり合う、四つの幻想的な物語。

初めの話の繰り返しの単調さとわかりにくさが辛かったので★★☆☆☆にしようと思ったが、それ以降の話は良かった

自然に対する畏れ、だが心惹かれる美しさ



読んだ日:8/14



評価:
あさの あつこ
新潮社
¥ 460
Amazonおすすめ度:
大人のための幻想文学
山が、緑が、自然が、、恐怖の根源

| 13:48 | あさの あつこ | comments(4) | - |
The MANZAI 2 (ピュアフル文庫)
 
文化祭を笑いの渦に巻き込んだ『漫才ロミオとジュリエット』から半年、瀬田歩と秋本貴史にとって中学最後の夏がきた。歩は、夏祭りで漫才をやろうと誘う貴史に対し、断固拒否の態度をとり続けている。一方、貴史の幼なじみ・萩本恵菜への思いはつのるものの、進展はない。そんな中、恵菜をめぐってある「事件」が勃発した―。今もっとも注目を集める作家の人気シリーズ第二弾、待望の文庫化。


1巻かなり前に読んだので1巻も読み返しつつ2巻を読んだ

 ア ッ ー !  ? / ( ^ O ^ ) \

いっしゅんいっぱんしょせつかとうたがってしまうほどのry


NO.6も比較的ソレっぽいですけど…これほどとはw
いやいや、これからが(色んな意味で)気になりますね!(笑)


評価:
あさの あつこ
ジャイブ
¥ 567
Amazonおすすめ度:
電車の中じゃなくて・・
第4弾発売決定
いいv
| 06:12 | あさの あつこ | comments(0) | - |
弥勒の月 (光文社文庫 あ 46-1 光文社時代小説文庫)

闇深き世界に漂う憐憫の情が胸を打つ。
小間物問屋「遠野屋」の新妻の溺死体が見つかった。平凡な世にいらつく、若き異能の同心(おおざっぱに言うと、警察官)・信次郎は、妻の遺体を前にしても冷静な遠野屋の主人に違和感を覚える。
──面白えじゃねえか。
信次郎は食らいつくことを決意する。
彼の常軌を逸した捜査線上に浮かび上がる真実とは?

同世代感覚の時代小説!



あさのあつこさんの時代物は初です
信次郎と遠野屋がかっこいい!

正直途中ちょっとダレたけど、後半ぐいぐい読めたので良かった。
あんまり時代小説とか読まない人は良いんではないでしょうかね?
| 03:17 | あさの あつこ | comments(0) | - |
NO.6(#5) (YA! ENTERTAINMENT)
--------------------------------------------------------------------------
『人狩り』によって矯正施設へと送り込まれた紫苑とネズミ。そこは無数の人間の塊が蠢く、この世の地獄だった。生きて戻ることはできるのか。一方、救出を待つ沙布の身体には異変が起きていた―。この都市は、人間を支配しようとしている。無慈悲に人を食らう、支配欲に猛り狂った怪物だ。誰も気がついていないのだろうか。いよいよNO.6の暗部へ。
--------------------------------------------------------------------------
うー久しぶりに読んだ…!
面白い…というかあっという間だったけど……うん…
キスは…いるの?そこでキスの話し?まぁいいや…

にしても紫苑はなんなんだろうかねえ…あとネズミは昔矯正施設にいた、でおk?

よみおわったひ:ごがつにじゅうご
| 18:28 | あさの あつこ | comments(0) | - |
No.6 (#4) (YA!ENTERTAINMENT)
評価:
あさの あつこ
講談社
¥ 998
Amazonおすすめ度:
ぼちぼちめんどうになってきた
紫苑って...
すごい!
--------------------------------------------------------------------------
NO.6の治安局員に拉致された沙布を救うため、紫苑とネズミは高官から内部情報を聞き出す。聖都市で進められる恐るべき計画とは? ついに人狩りが決行され、囚われの身となったふたりは矯正施設の内部へと入っていく…。
--------------------------------------------------------------------------
| 14:49 | あさの あつこ | comments(0) | - |