<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)

 

加賀様は悪霊だ。丸海に災厄を運んでくる。妻子と側近を惨殺した咎で涸滝の屋敷に幽閉された加賀殿の崇りを領民は恐れていた。井上家を出たほうは、引手見習いの宇佐と姉妹のように暮らしていた。やがて、涸滝に下女として入ったほうは、頑なに心を閉ざす加賀殿といつしか気持ちを通わせていく。水面下では、藩の存亡を賭した秘策が粛々と進んでいた。著者の時代小説最高峰、感涙の傑作。


はー長かった!長い…長いよ!申し訳ありませんけど、中150ページくらい飛ばしております………

まぁ長い分、消化不良とかは起こしませんが




さてさて、この怒涛の24も顔負けの、ほうの数ヶ月(?)ですが…


いやもうね…惜しい人を亡くしましたとかそういうレベルでは………
戯言シリーズ並に死にましたよ?しかも後半の後半にどさどさと……

もう戯言シリーズで懲りて、あんまり人が死ぬような本は読みたくなかったんですがね…


いやーでも本当に…人間の美しさと汚さと………
何かに対する"執着"は、人をこんなにも動かすのだと



でもまぁ正直言ってこれだけの人が亡くなれば、人柱というかそれこそ人身御供じゃないの?という気が…(もちろん意図して人柱にされた方もいらっしゃいますが)


やっぱり藩ってこんな感じのギリギリで保ってきたんだろうなぁやっぱり
それを捨て去ろうとした維新派はまぁなんと…(今その話じゃない)

あ、ちなみに、もちろんわたくしは号泣でしたので、泣きやすい方は外で読まない方が良いと思います…



あなたは、神様が授けてくださった、みんなの心を動かす宝なんですよ


読んだ日:1/7




出世は終わったかもしれないですけど騒動の発端の馬鹿男が特にどうもならなかったのがむかつきます

評価:
宮部 みゆき
新潮社
¥ 820
Amazonおすすめ度:
久しぶりに活字に泣かされました。
和製キング
人間の弱さと強さ

| 03:29 | 宮部 みゆき | comments(0) | - |
孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)

 

北は瀬戸内海に面し、南は山々に囲まれた讃岐国・丸海藩。江戸から金比羅代参に連れ出された九歳のほうは、この地に捨て子同然置き去りにされた。幸いにも、藩医を勤める井上家に引き取られるが、今度はほうの面倒を見てくれた井上家の琴江が毒殺されてしまう。折しも、流罪となった幕府要人・加賀殿が丸海藩へ入領しようとしていた。やがて領内では、不審な毒死や謎めいた凶事が相次いだ。


 

評価:
宮部 みゆき
新潮社
¥ 780
Amazonおすすめ度:
人間の弱さと強さ

| 03:26 | 宮部 みゆき | comments(0) | - |
今夜は眠れない (角川文庫)

母さんと父さんは今年で結婚十五年目、僕は中学一年生でサッカー部員。そんなごく普通の平和な我が家に、ある日突然、暗雲がたちこめた。“放浪の相場師”とよばれた人物が母さんに五億円もの財産を遺贈したのだ。お隣さんや同級生は態度がかわり、見ず知らずのおかしな人たちからは脅迫電話があり、おまけに母さんの過去を疑う父さんは家出をし…。相場師はなぜ母さんに大金を遺したのか?こわれかけた家族の絆を取り戻すため、僕は親友で将棋部のエースの島崎と真相究明の調査にのりだした。
 



結構おもしろかった!
表紙が志村先生だったから買ってみたんだけど…


軽快なミステリーでしたね!
んっ…んっ?怪しい……と思いながら外れる推理…


ミセス・アクアリウムかっけ〜^^
家族にもいろいろありますんねぇ…


島崎は…自分の息子には欲しくない……けど、かっこいいなぁでも中1?でこの態度はムカつくなぁ(笑)


読んだ日:10・4
 
評価:
宮部 みゆき
角川書店
¥ 540
Amazonおすすめ度:
宮部みゆきっておもしろいんだ!
やはり宮部作品。単純には進まないな
人が殺されないミステリー。

| 18:19 | 宮部 みゆき | comments(0) | - |
日暮らし〈下〉 (講談社文庫)

「ねぇ叔父上、ここはひとつ、白紙に戻してみてはいかがでしょう」。元鉄瓶長屋差配人の久兵衛からもたらされた築地の大店。湊屋が長い間抱えてきた「ある事情」。葵を殺した本当の下手人は誰なのか。過去の嘘や隠し事のめくらましの中で、弓之助の推理が冴える。進化する“宮部ワールド”衝撃の結末へ。
いやあ、弓之助に脱帽です。彼は、なにに就いても、余りある人物になるんじゃないでしょうか(笑)

犯人は、正直初めから分かってしまっていましたが…ミステリーというか、人情物として読んでいたのでそこはまあ良いです…


佐吉夫婦おめでとう!!!宗一郎も幸せになれると良いんだが…

| 12:46 | 宮部 みゆき | comments(0) | - |
日暮らし〈中〉 (講談社文庫)

佐吉が人を殺めた疑いを受け、自身番に身柄を囚われた。しかも殺した相手が実の母、あの葵だという。今頃になって、誰が佐吉に、十八年前の事件の真相を教えたりしたのだろう?真実を探し江戸を走り回る平四郎。「叔父上、わたしは、本当のことがわからないままになってしまうことが案じられるのです」。

短編だとか言ってたのはどこのどいつだ!私だ!

全て繋がってきましたね…!それにしても鉄瓶長屋の事件とやらを知らないので面白さ半減です。
それにしても…葵さんが亡くなったのが残念で残念で…


塵も積めれば山となる。縒った糸は、早めに戻さないと…


| 12:37 | 宮部 みゆき | comments(0) | - |
日暮らし〈上〉 (講談社文庫)

浅草の似顔絵扇子絵師が殺された。しかも素人とは思えない鮮やかな手口で。「探索事は井筒様のお役目でしょう」―。岡っ引きの政五郎の手下、おでこの悩み、植木職人佐吉夫婦の心、煮売屋のお徳の商売敵。本所深川のぼんくら同心・平四郎と超美形の甥っ子・弓之助が動き出す。著者渾身の時代ミステリー。


宮部さんのこのシリーズ初めて読みました。
あれっ茂吉さんは…


まだ一巻だからよく分からないけど、これはぼんくらから読むべきだったかな、と…前の事件がよく分からないので弓之助の活躍がわかりませ…
でも短編集で読みやすい!!というか宮部さんだから読みやすいのか?

もう少し同心とか岡っ引きとかのランク?(給料とか)を学ばなければなあと思いました。あれ、さくb(ry
| 18:07 | 宮部 みゆき | comments(0) | - |