<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
晴明。―完全版 (ソノラマノベルス)

 

承平七年の平安京に“陰陽寮の化物”と噂される少年がいた。彼の名は安倍晴明―その比類なき呪力と超然とした態度故、陰陽生たちから憎悪と嫉妬の感情をぶつけられているのだ。そんな晴明に、京内を徘徊する妖魔を操っているとの嫌疑がかけられた。果たして晴明は、魔道魔物に与する京の破壊者なのか―。少年時代の安倍晴明の活躍を描いた、著者渾身の伝奇オカルト長編。

 
かなり前に買った本。上下二段とか死にそうだったので中々読めなかった…


物凄い少年漫画の様なバトルシーンがあります。
今まで読んだ清明様関係の小説で1番「人ではない」清明様でした。

個人的にどちらかというと能宣の様な人が清明様のイメージ?雰囲気(まぁもっと腹黒くて何考えてるかわかりませんが)なのでちょっと…悲しくなりました。


博雅に出会ってくれ…と願ってましたが最後まで狂気のままでした……………


道満法師かっこよすぎるわあ…

読んだ日:6・5

評価:
加門 七海
朝日ソノラマ
---
Amazonおすすめ度:
過酷な宿命
引き裂かれた主人公。
晴明の心の揺れを描く

| 19:37 | 加門 七海 | comments(0) | - |