<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
あさぎ色の風 (コバルト文庫)
--------------------------------------------------------------------------
文久二年。江戸城の坂下門外で、老中の安藤信正が水戸の浪士たちに襲われ、負傷した。異国の船が姿を見せるようになって以来、国中が騒然としている。攘夷論、開国論、尊皇倒幕論、尊皇佐幕論、公武合体論。それらのさまざまな思想が、結びつき、あるいは対立しあって、複雑な状況になっていた。この頃、これから世に名を馳せる沖田総司・土方歳三は、江戸市ケ谷の天然理心流・試衛館にいた。
--------------------------------------------------------------------------

若干!若干のベーコンレタス臭が否めない!
でもまあ…イバハチがとても出ていたのでよしb
っつーか続編とかあるよね…まあ……買わないかな……

読み終わった日:5月の…2…0……?とか?
| 18:23 | 藤堂 夏央 | comments(0) | - |