<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

柳広司先生の『吾輩はシャーロック・ホームズである』を読もうとしたところ…


うんホームズ読んだこと無いのに無謀でしたね^^
ということで今更ながら初ホームズです。ほぼ全部(講談社版は、訳の方が亡くなってしまったようで最後のが出版されていない)我が家に揃っててラッキー!
でも古すぎて(昭和48年出版)挿絵が無い…だと?

というか古すぎてアマゾンにがぞうがない……

まぁ内容についてはもう私が触れる立場でもないですね。
犯人は結構わかってしまうので…謎解きを楽しみました
まだらの紐は蛇とは思わなかったですがw
ちなみに-1★なのは、実に個人的に短編集が私に合わないからです…
飽きちゃうんですよね…………

読み終わった日:10・31


 





評価:
コナン・ドイル
新潮社
¥ 580
Amazonおすすめ度:
殺人が鳴く、ホームズが敗退する
本領発揮。凄い作品集
表紙が愛らしい!

| 18:26 | Arthur Conan Doyle | comments(0) | - |