<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
吉原手引草
評価:
松井 今朝子
幻冬舎
---
Amazonおすすめ度:
誰が、何を、一体?
タイトル解題すれば
ここは吉原でありんす
--------------------------------------------------------------------------
なぜ、吉原一の花魁葛城は、忽然と姿を消したのか? 遣手、幇間、女衒ーー人々の口から語られる廓の表と裏。やがて隠されていた真実が少しずつ明らかになっていく……。吉原を鮮やかに浮かび上がらせた、時代小説のあらたな傑作!
--------------------------------------------------------------------------

元々遊郭ものが好きだったので、直木賞受賞…ふーん……ということで目にとまったのがこれ。
語りかけてくるものを読む…といった形式の進み方、でした始めて!
いいなー葛城いいなあ……キリッとした女性が好きです。

初めの方は話しがみな同じに聞こえるのが残念。あと初めの方で葛城の出生が分かってしまったので−1☆

読み終わった日:
| 01:59 | 松井 今朝子 | comments(0) | - |