<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)
 
輝の大御神の双子の御子と、闇の氏族とが烈しく争う戦乱の世に、闇の巫女姫と生まれながら、光を愛する少女狭也。輝の宮の神殿に縛められ、地底の女神の夢を見ていた、「剣の主」稚羽矢との出会いが、狭也を不思議な運命へと導く…神々が地上を歩いていた古代の日本を舞台に、絢爛豪華に織りあげられた、人気沸騰のファンタジー。

もったいなくてずっと読めなかったのをやっと読んだ…


日本の神話時代をベースにした、架空の話です
なんとなく…も古事記や日本書紀を知らない人は意味不明でしょう
というか少し知ってれば、なんとなくの結果は見えそうです…

いや〜西の善き魔女と同じ(こっちのほうが先ですが)でテライケメン…な貴公子とはくっつかないんスね!(笑)


これは本当に児童書ではないよな〜
素晴らしい 老若男女向きファンタジー でした
挿絵も、扉?の和歌も素敵です


スサノオと…クシナダヒメでいいのかな?
水の巫女の意味がよくわからなかったんだけど、クシナダヒメだから(田圃の神様だっけ?)かな…?

でも個人的に…RDGの方が今のところ好きなのと、もうちょっと後世の方が好き……なので−1☆かな
もう少し呪術っぽいのが好み…

読んだ日:9月中旬
評価:
荻原 規子
徳間書店
¥ 1,000
Amazonおすすめ度:
みずみずしい神話世界
日本神話とか好きな人におすすめ
秀逸

| 18:04 | 荻原 規子 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |