<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
バッカーノ!1931 臨時急行編―Another Junk Railroad (電撃文庫)

「マンハッタンで待ちます。何時までも貴方を待ちます。どうか探してください」発端は大陸横断特急の屋根に刻まれたシャーネの言葉だったのか、グラハムが兄貴と慕うラッドが列車から落とされた瞬間だったのか、もしくは意外な不死者が乗車していた事実に気づかなかったことだったのか―?そして終点は本当にニューヨークなのか、DD新聞社副社長のボヤきなのか、不良少年達の友情物語なのか、それとも―実は始まりに過ぎなかったのか?ジャグジーたちと共に暮らすことになったシャーネと彼女を探し続けるクレア。二人が出会う幻の『1931 回想編』に、多数の後日談を大幅加筆して登場。


ほ〜これでやっとグラハムの出所がわかりましたw
まぁOVA?で見てたのでだいたいはわかりましたが…

シャーネが…デレてましたね^^
そしてまさかあいつらが乗ってたとは……乗ってたことによってどんな影響があったのか、が気になりますね〜


読んだ日:11/11
評価:
成田 良悟
アスキーメディアワークス
¥ 578
Amazonおすすめ度:
表紙だけで(泣)
パズルのピースがハマる快感がよみがえる!

| 02:51 | 成田 良悟 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |