<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ダブルダウン勘繰郎 トリプルプレイ助悪郎 (講談社文庫―西尾維新文庫)

 

夢も希望もない世の中だって?なければ作ればいいだけじゃないか―無理だの不可能だのってのは、実はただの御託だったりするんだよ。まずは手を伸ばしてみるところから始めてみればいいじゃねえか。案外それは、あっさり届いちまうかもしれないぜ(『ダブルダウン勘繰郎』)。一回盗みに入るたびに三人殺す。そう、私こそは三重殺の案山子。夢と希望の化身。私は誰にも捕まらない、私に盗めないものはない、私に殺せない人間はいない。私は道理に満ちていて、私は可能性に満ちている。ゆえに欲しいものは必ず手に入れる(『トリプルプレイ助悪郎』)。

★3.5です
まず、JDCが好きで西尾を知らない人にはオススメできないかと。

ちなみに私は西尾が好きでJDCを知らない人です。
私からすると、
西尾維新にしては普通の推理?小説だなと


西尾らしさも、JDCの面白さも(他所の感想でJDCの要素が少ないとのことでしたので)どちらも生かしきれていないような…

良くもわるくもちょっとキャラが立ってるかる〜い推理小説…みたいな?
どっちつかずになってしまったのが残念かも?


ダブルダウン勘繰郎に関しては、当初からピアスに違和感がありましたのでなんとも…でも勘操郎は今後の活躍に期待したいキャラでした

トリプルプレイ助悪郎は、結構面白かったかな?ま〜さか〇〇だったとは…
犯人はわかっておりましたが……最後に出てきたの補佐人?は絶対〇〇〇〇〇だと思ったのに…そこは期待しすぎましたね(笑)


読んだ日:2/5

評価:
西尾 維新
講談社
¥ 760
Amazonおすすめ度:
お得。
『JDCシリーズ』との繋がりが薄いのが残念

| 03:38 | 西尾 維新 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |