<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ゆめつげ (角川文庫 は 37-1)
評価:
畠中 恵
角川グループパブリッシング
¥ 580
--------------------------------------------------------------------------
夢の中では見えざるものが見える……はず? 大江戸・不思議・騒動記!
小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。しっかり者の弟に叱られてばかりの弓月には「夢告」の能力があった。が、それは全く役に立たないしろもの。ある日、迷子捜しの依頼を礼金ほしさについ引き受けてしまうのだが……
--------------------------------------------------------------------------

図らずも幕末モノでした(笑)
廃仏毀釈ですか…(というか未だにその当たりよく分からないので今度のそのとき歴史が動いたを見ようと思います)(まあ神社も寺も明治維新に利用されたってのはわかる)

相変わらずの畠中節って感じですかねえ…^▽^
新太郎の正体にはビックリ…でもないけど「えええ…!?」でした

弟もかっこいいけど兄もなんだかんだかっこよかった!

読み終わった日:4ガツ30ニチ
| 00:00 | 畠中 恵 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |