<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫 に 32-2 西尾維新文庫)
--------------------------------------------------------------------------
鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から二週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”が級友・葵井巫女子とその仲間たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼“人間失格・零崎人識”との出会いによって揺らめき脆く崩れ去っていく―。そして待ち受ける急転直下の衝撃。一つの世界が壊れる“そのとき”を描ききった新青春エンタの傑作。
--------------------------------------------------------------------------

文庫化を待っていた。

このシリーズは色々とめんどくさいや。伊坂先生作品以上に。や、めんどくさいって、僕自身がね。

とりあえず僕と、「ぼく」と、零崎が同じなのは「生まれてきてごめんなさい」でした。
流石にそこまで死んでないよ!(笑)

つーかとにかく零可愛い^^

読み終わった日:6/21

Y/Xがよくわからん。わからなくもないけど無理矢理?
| 02:12 | 西尾 維新 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |