<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫)

生命を礼賛する行為には驚くほどに価値がない、生はどこまでも儚く朧で、死はどこまでも切なく幻だ。そしてそれはただそれだけのものでありそれだけのものでしかなく、むしろそこにそれ以上の価値を見出そうとすることこそが冒涜だ。生きること、そして死ぬこと、その両者の意味を誰よりも理解し、そしてその意味に殉ずることに一切の躊躇がない誠実な正直者、つまりこのぼくは、八月、縁故あって奇妙なアルバイトに身を窶すことと相成った。それは普通のアルバイトであって、ぼくとしては決して人外魔境に足を踏み入れたつもりはなかったのだけれど、しかしそんなぼくの不注意についてまるで情状酌量してはくれず、運命は残酷に時を刻んでいく。いや、刻まれたのは時などという曖昧模糊、茫洋とした概念ではなく、ぼくの肉体そのものだったのかもしれない。あるいは、そう、ぼくの心そのものか―戯言シリーズ第五弾。



やっと狐さんの登場でしたね!

とりあえず、ショックでした…もう……ちょっと読むの止めようかなあと思うくらい
やっと幸せになれたのかなあ?「普通」になれた?良かったね!と思ってただけに…

明るかった子だけに…やはり辛いものがあります



いーちゃんが、少し、いや結構?変わったかな…という印象
みいこさん(とアパートのみんな)のお陰…だよね?
そう思ったら友が嫌いになってしまった


うーん事件が起こる前後がちょっとだらけた…長いってのもあると思うが……



全く匂宮兄妹に触れていない当たりが(笑)

評価:
西尾 維新
講談社
¥ 1,050
Amazonおすすめ度:
欠陥製品
うむ。やはり、面白い
主人公の『変化』が強く印象に残る
| 02:39 | 西尾 維新 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |