<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女 (中公文庫)

 

舞踏会の日に渡された、亡き母の首飾り。その青い宝石は少女を女王の後継争いのまっただ中へと放り込む。自分の出生の謎に戸惑いながら父の待つ荒野の天文台に戻った彼女を、さらなる衝撃が襲う。―突然の変転にもくじけず自分の力で未来を切りひらく少女フィリエルの冒険がはじまった。胸躍る長篇ファンタジー、堂々開幕。

すごい…面白いです……流石…!

「荻原規子、小野不由美、上橋菜穂子の三人を、現在の和製ファンタジーの「三羽烏」と呼びたい」
と語ってくれた金原さんありがとうございます!というか後書き読んで良かった!読んでなかったら出会えてません…

元々萩原先生の『レッドデータガール』が気になってたんだけど…
まさかあの『西の魔女が死んだ』と間違える(笑)『西の善き魔女』の作者さんだったとは…おかげで読む決心がついた!

読んでみたら素晴らしい作品でしたね…
確かに、凄く少女漫画です…って感じだけど、これはこれで…というかまだほんの出だしですからね
学園生活も始まるみたいだし(というかアニメで大体の事見ちゃいましたが…^^;)


欲を言うともっと亜細亜系?(十二国記や守り人シリーズみたいに)中華風だったら嬉しかったけど…

評価:
荻原 規子
中央公論新社
¥ 680
Amazonおすすめ度:
読み進めるのが楽しみな作品
ずぶとく生きる
★★★★

| 14:24 | 荻原 規子 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |