<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
探偵倶楽部 (角川文庫)

 

お母さん、殺されたのよ」―学校から帰ってきた美幸は、家で母が殺害されたことを知らされる。警察は第一発見者である父を疑うが、彼には確かなアリバイがあった。しかしその言動に不審を抱いた美幸は、VIP専用の調査機関“探偵倶楽部”に調査を依頼する。探偵の捜査の結果、明らかになった意外な真相とは?冷静かつ迅速。会員制調査機関“探偵倶楽部”が難事件を鮮やかに解決。

読んだ日:8/14

評価:
東野 圭吾
角川書店
¥ 540
Amazonおすすめ度:
短編なのに複雑、わかりやすい推理小説
色々な意味合いで東野圭吾の上手さに感心させられる、東野圭吾の短編集の最高傑作の一つ
ちょっとおかしな人間模様。。。

| 13:44 | 東野 圭吾 | comments(0) | - |
つくもがみ貸します (角川文庫)

 

お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟2人が切り盛りする小さな店「出雲屋」。鍋、釜、布団と何でも貸し出す店ですが、よそにはない奇妙な品も混じっているよう。それらは、生まれて百年を経て、つくもがみという妖怪に化した古道具。気位高く、いたずら好きでおせっかい、退屈をもてあました噂超大好きの妖たちが、貸し出された先々で拾ってくる騒動ときたら…!ほろりと切なく、ふんわり暖かい、極上畠中ワールド、ここにあり。

読んだ日:8/5


評価:
畠中 恵
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 580
Amazonおすすめ度:
形あるものへの愛しみを感じました。
しゃばけとは違う
人とあやかしとの境界線

| 04:18 | 畠中 恵 | comments(1) | - |
光の帝国 常野物語 (集英社文庫)

 

膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから―「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮らす人々。彼らは何のために存在し、どこへ帰っていこうとしているのか?不思議な優しさと淡い哀しみに満ちた、常野一族をめぐる連作短編集。優しさに満ちた壮大なファンタジーの序章。


読んだ日:7/30

評価:
恩田 陸
集英社
¥ 520
Amazonおすすめ度:
ストーリー・テラーの才能
超能力者物好きの方へ
目に見えない大きな力。

| 00:55 | 恩田 陸 | comments(1) | - |
創竜伝(2)摩天楼の四兄弟 (講談社文庫)
 
竜堂家のスーパー四兄弟(ドラゴン)の超(ウルトラ)パフォーマンスを悪用し、世界征服を狙う四人姉妹(フォー・シスターズ)の極東のボスは、極秘の作戦を展開する。終(おわる)、余(あまる)の年少組を捕まえようとドーム球場に穴をあけたのにこりず、次兄続(つづく)を新宿の摩天楼に追いつめる。忍耐の限界に達した続は巨大な竜に変身し、悪の亡者どもを火炎の中に迎える……。

読んだ日:7/23


評価:
田中 芳樹
講談社
¥ 580
Amazonおすすめ度:
え〜っと…
破壊神!
素晴らしき哉兄弟愛

| 03:28 | 田中 芳樹 | comments(0) | - |
コンダクター (角川文庫)

 

フルート奏者の朽木奈緒美は、これから始まる音大時代の仲間との新しい仕事に心を躍らせていた。そんな中、とある場所で謎の変死体が発見されてから、彼女の周辺で奇妙なことが起こり始める。毎夜の悪夢、首なしの白骨、壊れ始める友情、そして怪事件を狂信的に追う刑事…音楽を奏でる若者たちの日常が、一見つながりのない出来事により崩壊の道へ。これは、単なる偶然か!?今、陰謀に操られる、恐怖の舞台劇が幕を開ける。


読んだ日:7/16




評価:
神永 学
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 660
Amazonおすすめ度:
一気読み!
もう一つの世界
がらっと感じが違う

| 18:12 | 神永 学 | comments(1) | - |